のらりくらり台湾

台北在住。三度の飯より猫モフが好き、なのに猫アレルギーの残念な人です。座右の銘は泰然自若、臨機応変。

北内特製パイナップルケーキ

まさかの8か月も更新をさぼっていました...

夏休みと前学期まるまる書いていない...(謎の忙しさ)

なにをやっているんだ、このあんぽんたん

 

(小学校の担任で怒ったら必ずお前はあんぽんたんか?って言う先生がいてそこで人生で初めてあんぽんたんという言葉に触れた、語彙力+1)

 

 

そこで、この前旧暦の新年を迎えまして、久しぶりに目標とやらを立てました。

 

目標1、ブログ1か月に一回更新!

目標2、毎日TABATA式トレーニングをする。

目標3、日記を毎日書く。

 

何かを始めるときってやっぱ腰が重い。うおおおおめんどくせええええってなる。

でも、やり始めるとできちゃうから始めの一歩だよね、大切なのは。

 

YouTubeで見た始めの一歩のスタートの方法は

「ワン、トゥー、スリー、GO!」で始めると良いって...

なんだろう...まあ、何事もやってみないと効果はわかりませんからやってみましょう。

 

「ワン、トゥー、スリー、GO!」

 

 

やべえ、私のテンションとの不釣り合い具合w

この「ワン、トゥー、スリー、GO!」って言って燃え上がる人は猫に嫌われる気がする。(偏見)

 

とにかく、始めの一歩を瞬発的に踏めるように自分なりの方法見つけましょう。

 

やればできる!

 

 

 

はい、じゃ今から本題に入りますよ!

 

 

実は今冬休み中でして、グダグダしすぎて煮崩れしすぎたジャガイモみたいにフレッシュ感が無かったので何かしようと思って、パイナップルケーキの手作り体験に参加してきました!

 

場所は、士林夜市で有名な士林です。

「郭元益」という1867年創業の由緒あるお店でできます。

お店の博物館も併設されているので時間つぶしにももってこいです。

パイナップルケーキ作り体験は事前予約必須なので

郭元益糕餅博物館 ←ここからKKDayオンラインに飛んでネットで予約してください。

時間は午前9時か午後1時の二回から選べます。

 

一人350元(約1200円)、50元分はお店の割引券になります。お子さんと一緒なら子供一人、大人一人で400元のプランがあるのでとってもお得。

 

f:id:ronron16:20190217182858j:plain

第一段階、材料

f:id:ronron16:20190217183000j:plain

2、ものすごい勢いで混ぜる

f:id:ronron16:20190217183112j:plain

3、クッキー生地ができる

f:id:ronron16:20190217183556j:plain

4、パイナップル餡を詰めていく

f:id:ronron16:20190217183823j:plain

こんな風に詰める

f:id:ronron16:20190217183902j:plain

5、焼く

f:id:ronron16:20190217183931j:plain

6、焼いてるのを待つ間に博物館で中華系コスプレで遊ぶ

f:id:ronron16:20190217184035j:plain

7、楽しくなる

f:id:ronron16:20190217184113j:plain

8、焼けた!

f:id:ronron16:20190217184141j:plain

9、1つ自分で食べて、9個は包装して箱詰め



結論、めっちゃ楽しい!!!!

350元出す価値がある!お店の人優しく教えてくれるし、お茶を飲みながらほかのお菓子も食べられる!

 

 

誰か友達が台北に来る機会があれば是非体験してほしいなと思いました。

中華系のコスプレが着てみると楽しくて久しぶりにテンション上がりました。

お店の人に笑われたけど!私は人を笑わせるために生きたい!と思った。

 


土日は人が多いので早めの予約をお勧めします。





 「郭元益糕餅博物館」

台北市士林區文林路546號4樓

goo.gl

 

 

P.S

実は昨日誕生日を迎えまして、24歳になりました。

24って重いなあ。

精神的に、しかもやってること的にもまだ18くらいの気分なので本当に大丈夫でしょうか?と思う。親が一番心配しているだろうけどw

 

もう大学三年の後期が始まるので本来なら就活なんか始める時期です。

でも、やっぱまだ分からないのでとりあえず目の前のことをやっていくに限るのです。

分からないに立ち向かうのは心が折れますが、どうにかなるでしょう!

 

では、24歳の北内をこれからもよろしくお願いいたします。

メッセージをくださった方々、本当にありがとうございました!

 

そして、心残りは両親が一言もおめでとうを言ってくれていないことです。

昨日、親からのおめでとうが来るだろうと期待していたら、

ラインで一言

 

Googleのアカウント、フーイズしゃくれ貧乏は」

 

と来ました。何だったんでしょう。

 

では、また来月!!

 

応援の言葉をいただけますと、もれなく野良猫を撫でまわして喜びます。ではでは。

 

FBのいいねも待ってます。 

www.facebook.com