台湾で学生やってる田舎者のブログ

苦笑いでもいいから人を笑わせるブログを書きたい。

個人的な意見、村上春樹とか

さーせん、ちょっとだけ完全に個人的な意見書きます。

 

 

好きなものと村上春樹に関して。

 

私は、好きなものについて議論したくない。

だって、好きに理由はあるけど。それを持ち出して議論する理由はない。

私は、私の好きなものが好き。

そして、君は君の好きなものが好き。

それでいいじゃないか。

 

私は引き続き、私の好きなものを大切にします。

あなたもそれらを大切にしてください。

 

 

村上春樹のスタンスってこんな感じな気がする。

 

 

昔は村上春樹のこと好きではなかったけど、エッセイを読んでから好きになった。

この人の好きなものに対しての愛し方がいい。

しかも猫好きだし。笑

 

価値観を押し付けてこない。あくまで私はこうですから。っていう態度。

価値観の押し付けがいかに無意味か分かってる感じ。

だって価値観って、人が道を歩くのに右に行くか左に行くかの基準だし。

それを押し付けたところで、右に行く人は右に行くし、左に行く人は左に行く。

そういうものだと思う。

 

村上春樹の作品を読んで私はこう学んだ。

 

村上春樹の作品は何かを訴えていそうで何も掴めない感じ。

読者を連れ出しといて、人里離れたところに放り出される感じ。

 

下手に小説に自分の価値観混ぜ込んでうるさい小説より好きだ。

 

でも、言いたい。

村上春樹信者は嫌いだと。

 

 

 

 

 

「誰かに貰ったもの」について考える

 

 

人から貰ったものが捨てられずに部屋に溜まっていく人が好き。

 

自分の趣味に合ってないのに「これはあの人がくれたから」って捨てられずにいる人。

 

 

「うわ、これ私の趣味じゃないわ」って言って簡単に捨てる人は、信用できない。

ありがとうの後ろに悪意が隠れている気がする。

 

「おいおい、趣味じゃないよこれ。」って言って

でも、せっかく選んでくれたから、私がこれ好きだろうなって思ってくれたから。

 

じゃ、私はそれ好きだよ。好きになったよ。

君の中の私が好きなものは、私も好き。

 

って言える人がいい。

 

 

 

中間試験期間中だけど、まあぼちぼちやってます。

本当にどうでもいい事考えて過ごすのが好きだ。

 

こうやって歳をとりたいと思っている自分は、

ピーターパン症候群」だと思う。

 

 

おしまい!