台湾で学生やってる田舎者のブログ

苦笑いでもいいから人を笑わせるブログを書きたい。

冬と猫の黄金ペア

お久しぶりであります!

5ヶ月ぶりであります!

有言実行であります!

 

こういうつまらん韻の踏み方が好きです。

ところで、台湾にも秋がきましたよ。

切なさと愛しさと心強さの秋ね。小室プロデュースね。

 

 

 

 

こういうしょうもない文章を1年後に読んで、さぶっ!ってなって非公開設定にする。

みなさん今だけですよ、楽しめるのは。

 

 

冬が近づくにつれてテンションの起伏が激しくなります。

 

冬って、ただココアを入れただけで幸福感を感じられるから、いいよね。

冬って、外から屋内に入るだけで幸福感を感じられるから、いいよね。

冬の幸せって、単純で簡単でいいよね。

 

好きです、冬。というか、夏以外好きです。

 

 

目次

1、北海道バイト経験

2、帰国時を振り返る

3、タピオカを考える

4、どうでもいい話

 

 

1、夏休み北海道バイト

夏が嫌いなので、休みは涼しいところへ行くと決意し、北海道へ。

富良野のジャム専門店でジャム売ってました!

 

仕事なんてどうでもよくて、北海道の景色の壮大さに毎日心動かされてました。

自転車で片道2時間かけて街に遊びに出かけたり、ゆずの夏色聞きながら下り坂を下ったりしてました。

 

後ろに誰も乗せてないから全速力だぜ!ゆっくり下ってたら日が暮れるぜ!

 

時間がこぼれるようにサラサラ流れて、あの1ヶ月半は夢を見ていたみたいです。

毎日美味しいご飯食べて、不思議な人達に囲まれて、枕元にいつも本を散乱させて。

 

私は本当に時間を流れさせるのが得意だと思いました。

そんなものに得意も不得意もないだろ!

 

いや、ありますよ。時間は相対的ですよ。

f:id:ronron16:20171027005311j:plain

綺麗でしょ?果てしないでしょ?

本当に好きなように時間を過ごせました。

 

そして、サッポロクラシックが日本のビールで一番うまし

と、心の底から叫ぶ。

 

 

追記

北海道でうわー、この人好きだー!って人に出会った。

1ヶ月半の価値の9割はそこにあったように感じます。

応援したくなるし、助けたくなるし、頼りたくなる。素敵なお姉さんでした。

本当にありがとうございました!

 

 

2、帰国時を振り返る

 

帰国。それは、日本に浸りに行くということ。

と、いうことで恒例の行ったことない県行ってみる件。

 

1県目「青森県

 

君は知っているだろうか、青森には美男美女が多いということを。

君は知っているだろうか、青森県民のイントネーションの愛くるしさを。

君は知っているだろうか、青森の海岸線の美しさを。

 

ホテルから青森駅への道のりを、遠回りして海岸線を歩く。

湿った風がふわっと吹いてくる。

 

この瞬間私は時間の支配者だと思った。

 

f:id:ronron16:20171028130736j:plain

 

 

そして、念願の恐山へ!

イケメンに話しかけられ、ビビる。

行きのバスでアイコンタクトを交わしたオーストラリア人が、途中ではぐれた。

市内に帰ってきて、東京行きの夜行バスに乗る前ふらっと入ったコンビニで、感動の再会を果たす。

聞くところによると、「バスを乗り過ごし歩いていると君が乗ったバスが私を置いていくのを見た」そうな。

 

私のめちゃくそな英語を、微笑みながら聞いてくれた叔父さん。

素敵人間か。

 

f:id:ronron16:20171027010832j:plain

 

 

2県目「鹿児島県

 

おい!貴様、それでも九州民だと言えるのか!

はい。22歳で初めて鹿児島の地を踏みました。

写真の海鮮丼と、天を仰ぐ長渕剛像は鹿児島です。

 

姉と二人旅。

 

姉と二人の旅。

 

共に電車で飲んだ500mlのビールの美味しさを忘れないでしょう。

 

ありがとう。

 

あとは、東京に一瞬いたり、長崎に行ったりしました。

家族で泊まった、長崎のホテルの時代錯誤感を一生忘れない。

島原って、現世から隔絶されてる気がした。

 

 

とりあえず、親が「台湾に絶対に荷物を送らない。

という発言を撤回してくれないので、持っていけない本たちを貪り読みました。

どれだけ実家に未だ読まれぬ本たちが待っていることか。

そして、寮にもそんな本たちが物々しく並んでいる。ごめんよ。

 

この夏ヒット賞は、谷川俊太郎の「ひとり暮らし」です。

 

 

それでも、ブックオフ通いが止められないの。

家がブックオフになればいいのに。

 

 

 

3、タピオカを考える

あなたは、タピオカを意識したことがあるだろうか?

 

私は日本にいる間、タピオカとはただ値段の高い、女子力の高い人間のみが嗜むドリンクだと思っていました。

 

台湾に来て、タピオカが有名と聞き、それでも全く興味が無かった語学留学時代。

 

台湾生活2年を過ぎた頃、ふと思いつきタピオカミルクティー(以下TMT)を飲んだところ、なぜかハマってしまいました。

 

ということで、今では週に2杯飲んでます。

 

最近では、真面目にどのお店のTMTが一番美味しいか研究しています。

 

個人的ランキング

No.1 Come buy

No.2 春水堂

No.3 珍煮丹,50嵐,樺達奶茶

 

中間試験後にアンケート結果をもとに実際に調査してきます。

では、お楽しみに〜〜!

f:id:ronron16:20171027154242j:plain

 

日々精進。日々タピオカ。

 

 

 

4、どうでもいい話

寒い時期は、大概物思いに耽ることが多くなる。

んで、うわ今何してるんだろう。

22歳にもなって、何をしているんだろう。

 

って考える時間が増える。

 

この前、それで悲しくなった。

 

んで「まひろ、今好きな事してる?」って聞かれて。「まあまあしてる」

って言った。

 

 

あれ、好きな事なんだったっけ?

 

 

 

 

ああ、実際好きな事やってなかった。

好奇心の赴くままに何でもやってみたけど。

好奇心と好きな事はイコールじゃない。

 

 

 

好きな事は、昔から「気ままに本を読む」「適当な文章を書く」だった。

 

最近「課題が、レポートが、締め切りが」って、やらないといけない事に支配されてた。

 

でも、それは自分がきちんと時間配分できてなかったから。

 

 

ってことで、授業減らして、きちんと自分の好きなことにたっぷり向き合いたいと思います。イェー

 

 

本当に時間の使い方下手だな。と思う。

 

 

だけど、無駄にゆた〜っと流れる時間が好きだから。

時間を見てる感覚が好きだから。

 

 

 

慢慢來〜〜〜

 

 

どうでもいい話2

 

猫が好き。ものすごく。

猫以外の動物見ても、「あ、動物がいる」って思うだけ。

 

可愛い!っていう感情は猫に対してのみ発揮される。

 

 

よく、猫派か犬派かで論争が起きるけど、完全犬派の人は、猫に対して偏見がある。

猫派を強く否定する人が多い。

だが、猫派の人は、きちんと犬の良さも分かっている。

 

総体的に考えて、猫が好きなのだ。

冷静に、理性で考えて、犬はやはり猫には敵わない。

 

 

猫の良さを書き出すと長くなるので辞めるけど。

とにかく、猫のあの距離感が心地いい。

 

 

猫を懐に入れて生活したい。

f:id:ronron16:20171028125432j:plain

 

好きです、猫。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

毎度お読みいただき誠に感謝しております。

では、また!!

 

次は、タピオカについて詳しく書きたい。

 

暖かくしてお過ごしください。さようならー