読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台湾で学生やってる田舎者のブログ

苦笑いでもいいから人を笑わせるブログを書きたい。

メカブかけ卵かけ御飯を想う日々。

日常

お、お久しぶりです。

半年ぶりにブログを書いているので恥ずかしさでキーボードを打つ手元がおぼつかない。

 

さっきも、ほぼ完成してた文章間違って全部消してしまった。

 

 

最近、風邪を引いたようです。
日本にいた時は、風邪なんて引きたくても引かなかったのに。バカは風邪引かないの法則を真面目に守っていたのに。

 

台湾にきて3ヶ月足らずで2度も風邪を引いてしまった。

バカでなくなってしまったのでしょうか?

バカでいいので風邪を治したいです。

 

 

何故なら、きちんと閉まらない蛇口のように鼻水がポタポタとノートに垂れるからです。

ノートに垂れて、インクが滲むのです。

 

 

そして、鼻声のせいでただでさえ下手くそな中国語がもっと下手くそになって聴き取ってもらえないからです。

 

 

涙ですか?いいえ鼻水です。

 

 

とりあえず、明日には治ることを祈る。

 

 

 

 

 

この場で報告します。

9月、台湾の大学に正規生として入学いたしました。

 

21歳にして、大学一年生となりました。

 

18歳のキャピキャピ台湾学生と、乾燥剤になり得るほどカピカピの21歳が共に授業を受けているのです。

 

肌の保湿量(皮脂の分泌量も含め)は、私に軍配があがるだろうけど、心の保湿量の問題だよね。うん。

 

 

一番好きなことは何ですか?って聞かれたら

『静かな外で一人でゆっくりお茶を飲みながら、本を読むことです。』

おじいちゃん!

クラスで一番、真理(死の向こう側)に近いかもしれない。

 

 

目標は、彼らの生命力を吸い取り自分の若さに換える力を得ることです。」

 

 

 

 

今まで、いろんな人を竜巻のごとく巻き込んで迷惑をかけて今ここ。

 

すべての人に、地球に穴をほがす(今、辞書で調べたけど「ほがす」って方言なんだ…標準語だと思ってた…初めて知った…いや、「ほがす」くらい標準語であれよ…)くらいの勢いの土下座でありがとうと言いたい。

 

ありがとうございます。

 

 

日本に帰っている間に、地震やら、スーパーでひたすらお年寄りとお話するバイト(実は、カード入会の案内。時給1000円。でも、案内せずに好きなお客さんとおしゃべりしてただけ。)やら、大好きなラーメン屋さんでお手伝いやら、半年の間にたくさんのことがありました。

 

この半年だけでも、お世話になった人は計り知れないくらい多い。

お世話になった「後」って、どうしていいか分からない。

21歳にもなって分からない。

 

あー。歌が書けそうなくらい分からない!

 

 

このブログを読んでくれた人も、みんな、私を助けてくれている人の一人です。

ありがとうございます。

 

 

f:id:ronron16:20161023003627j:plain

↑↑↑私の写真を載せたところで、誰一人として喜ばせることはできないので、ちゃん猫のお力を拝借いたします。

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいい話①

目覚ましよりも早く起きて、清々しい気分でトイレに入った。

そして、「何て素晴らしい1日の始まりなんだ!!」と思ってゆっくりしてた。

 

すると突然、けたたましい目覚しのサイレンが鳴り始め、目覚ましを止めてなっかたことに気付く。

 

だが、この世で一番人の心を苛立たせる音を止めようにも、自分は大きい方の最中。

止まらぬ目覚まし、止まらぬ大。

 

 

この時のイライラを私は一生忘れることができないだろう。

 

 

 

どうでもいい話②

ケチャップに関して、思うこと。

 

まず、フライドポテトに添えてあるケチャップは不十分である。

私は、ポテト一本一本にたっぷりケチャップをかけたいのだ。

それなのに大概の店は、ポテト3本分くらいのケチャップしか添えない。

これで、サービスの行き届いた店だと言えるのであろうか?

否。

言えるはずがない。

 

 

…………ええ、分かっています。私は器の小さな人間です。 

ですから、最近ではマイケチャップを持ち始めました。 

 

 

そして、ケチャップの素晴らしいところ。

ただ、ご飯と炒めただけなのに、私の心を恋人よりも満たしてくれるところ。 

 

 

 

 

 

次からは、台湾に関してもっと書きたいと思います。

みんなが台湾に来たいと思えるようなことを。

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり!

 

 

 

 

 

 

鳥取地震が早くおさまることを祈る。

そして、まひろに関わってくれているすべての人の幸せを祈る。